R'AIR VS Michelin ラテックスチューブ その1

ようやく暖かくなってきたので本中華1号のチューブをR’AIRからMichelinラテックスチューブに交換しました。

          f:id:misteron08:20150112153343j:plain

チューブ交換には新たに2つの新兵器を使用しました。

一つはLEZYNE POWER LEVER XL 2本セット@630円

     f:id:misteron08:20150403112111j:plain f:id:misteron08:20150403112206j:plain

レバー先端の形状がチューブを傷めないような形状&柄が長めでビートの堅いタイヤでも少ない力で楽に作業できます。

もう一つはお化粧用パフ 2個入り@250円

     f:id:misteron08:20150403113128j:plain f:id:misteron08:20150403113417j:plain

タイヤの内側などにシッカロールを塗るには最適の大きさで2個入り、敏感なタイヤにも優しく塗り塗りできます(笑)

チューブ交換は宅内作業場。Michelinラテックスチューブにはタイヤとの張り付き防止の為、白い癒着防止保護剤が塗られていますがチューブと接する部分、タイヤ内側とリムにもシッカロールを塗りました。塗ってないと約3ヶ月くらいでもタイヤとチューブが癒着し始めます。

   f:id:misteron08:20150403115716j:plain f:id:misteron08:20150403115830j:plain

台所でタイヤをお鍋の柄に引っ掛けて塗りました。薄く綺麗に塗れますね。床にシッカロールをこぼすと大変滑りやすくなりますので、ご注意を(^_^;)

・R’AIRとの比較

R’AIRと較べるとチューブの肉厚が厚く触った感じではR’AIRのほうが、よりしなやかに感じます。重量は23C用のチューブでも28C用R’AIRと同等の84gでした。同じサイズならR’AIRが10g以上軽いようです。

  f:id:misteron08:20140520065054j:plainf:id:misteron08:20150112153343j:plain

組込に関しては薄いR’AIRよりも気を遣いませんが内径が少し小さめ?のような気がしました。チューブにタイヤビートが噛んでも色が違うので解りやすい(苦笑)ですね。

組込後、R’AIRと同じ空気圧、F 7.5bar、R 8.0bar(体重が重めなので・・・)で近所を試運転しましたが漕ぎ出し、走行感は若干、軽め、乗り心地に関しては大差が無いように感じました。劇的に変わるかなと思いましたがR’AIRからの変更なので変化は少なかったようです(^^;)

次回は、ひび割れた荒れた舗装を含む、いつものテストコースを走りインプレしたいと思っています。