☆ Everyday bicycle life(毎日自転車生活) ☆

自転車に関わること全般を気ままに書いてます(^^;

e-MTB YPJ-XCで乗鞍スカイライン~エコーライン往復 完走 56.97km

8月12日、4年ぶりに乗鞍。

その昔、車両通行規制前には車やオートバイで毎年、走ったものです(^^ゞ

今回は電動アシストMTB  YPJ-XCで挑戦!

バッテリーに余裕が有れば、三本滝レストハウス前、エコーラインのゲートまで下って、戻ってくる予定です(^^;;

バッテリーは持つのか?(謎)

車載で自宅から2時間ちょっと、忘れ物が無いようにチェックしていたのに、高山市内の信号待ちで、自転車を見るとボトルが無い・・・

ありゃあ~、自宅の冷蔵庫の中に忘れてきた~~ ← 前日に入れて冷やしてあった・・・

コース

乗鞍スカイライン~畳平~エコーライン往復 56.97km

f:id:misteron08:20190813172654j:plain

スタート 乗鞍スカイラインゲート 10:26発

乗鞍スカイラインゲート横の駐車場を出発。気温29℃(Edge520J)。バッテリーをセーブする為にSTDモードで走り出しますが、序盤から急勾配。途中からは、ハイモードに切替えました。

景色を眺めながら、10~15km/hのペースで登ります。ケイデンスを上げているので心拍数も上昇。

追い抜いた人には、「申し訳ないなぁ~」と思いつつ、森林限界を超え最後の難所、つづら折れに差し掛かると見覚えのある、お二人を発見!

急いで追いつくと、なんとIさんとMさん、ここで会うとは、お互いビックリ!

ここまでスタートして約50分。畳平で待つことを告げて先行させて頂きました。

畳平到着 11:28 ここまでの 所要時間1時間2分 走行距離14.45km

到着後、記念撮影。バッテリー残51%。

さて、どうするか?

エコーラインは、スカイラインよりも距離は短いが、勾配は上。

f:id:misteron08:20190812113519j:plain

気温19℃、風が気持ち良い~~

f:id:misteron08:20190812114422j:plain

3人で記念撮影

お二人は食事されるとのこと。余りの人の多さ、脚にもバッテリーにも?まだ余裕が有ったので私一人、エコーラインに突入(^_^;

県境からダウンヒル。標高差約1,000mを一気に下ります。

気持ち良い~~、たまりませ〜ん(^^)!!

エコーラインは実に20数年ぶり・・・

下りは、寒いかなぁ〜と思いウィンドブレーカーを持参してきましたが、全く必要無し。

本日の衣装はMTB用七分丈トレーナー、メッシュインナーシャツ、夏用レーサーパンツロング、長指グローブの装備。

エコーラインゲート到着 12:19  ここまでの 所要時間 1時間53分 走行距離 28.44km バッテリー残 50%

三本滝レストハウス前のエコーラインゲートに到着、標高 約1,800m。

ここまで降りてくると、かなり暖かく気温27℃。

f:id:misteron08:20190812121906j:plain

飲み物を補給し、暫く休憩した後、再出発。今日はボトルを自宅に忘れたので、苦しい展開・・・

f:id:misteron08:20190812122734j:plain

エコーラインゲート 12:27発

バッテリー大丈夫?(県境まで残り13.42km)不安なので、ケイデンスを落さず、緩いペースで登ります。走行モード:ハイモード。

位ケ原山荘到着 13:10 ここまでの 所要時間 2時間44分 走行距離 36.71km バッテリー残 20%

f:id:misteron08:20190812131006j:plain


ここで暫く休憩。思ったよりバッテリー消費が激しい模様。県境まで残り5.15km、走りきれるか?

この後は景色をカメラに収めながらの登坂。

f:id:misteron08:20190812131623j:plain

位ヶ原山荘手前のつづら折れ

f:id:misteron08:20190812131637j:plain

焼岳も見えました。

f:id:misteron08:20190812132932j:plain

大雪渓まで、まだまだ先。

f:id:misteron08:20190812133538j:plain

道路脇にも、まだ雪が。

f:id:misteron08:20190812134055j:plain

13:40 ようやく大雪渓に到着。スキー合宿のマイクロバスが数台、停まってました。

ここ、乗鞍大雪渓~県境まであと1.4km、バッテリー残 2%、危うし!

f:id:misteron08:20190812134505j:plain

雄大な景色

f:id:misteron08:20190812134517j:plain

いつの間にか、お天気が怪しく・・・。遙か下に休憩した位ヶ原山荘が見えます。

県境到着 13:54 ここまでの 経過時間 3時間27分 走行距離 41.86km

県境手前でバッテリー残 1%になり、到着すると同時にバッテリー残 0%、アシスト完全OFF、メインエンジン停止・・・ぎりぎりセーフ(*´ο`*)=3。

f:id:misteron08:20190812135545j:plain

f:id:misteron08:20190812135426j:plain

バッテリー残 0%の図。

f:id:misteron08:20190812135750j:plain

午前中と、うって変わっての天候。

f:id:misteron08:20190812135449j:plain

周りも見えなくなってきた・・・

バッテリーは無くなったけど、あとは下りオンリーなので、ひと安心♪

f:id:misteron08:20190812140505j:plain

幻想的な景色、ちょっと怖い?

f:id:misteron08:20190812141010j:plain

下り始めると霧が晴れてきて、ご覧の景色(乗鞍スカイライン
乗鞍スカイラインゲート到着 14:28
経過時間 4時間2分 移動時間 3時間6分 走行距離 56.97km  獲得標高 1,799m Ave18.0km/h

お天気にも恵まれ、何とも心地よい風、景色も最高!でした。 バッテリー🔋が持って良かった・・・

※参考データ

当日の心拍数と心拍ゾーンです。

f:id:misteron08:20190813104713j:plain

f:id:misteron08:20190813104714j:plain

私の年齢だと最大心拍数は 167くらい。心拍数は、それなりに上がってます。

まとめ

前回はロード(ColnagoEPS)で乗鞍スカイライン~畳平 往復でしたが、もう疲れ果てて2~3日は、筋肉痛が取れない状態でした。

エコーラインのゲートまで行って帰ってくるなんて、とてもとても・・・

今回、バッテリーの持ちが一番心配でしたが、どうにか完走できました。

脚の疲れは前回と較べて約7割くらい、電動アシストMTBならではのアシストで、行動範囲が拡がり、充分すぎるほど楽しめました。

運動量もちょうど良かった。

秋の紅葉シーズンにもう一度、来ようかなって気になりますね(^_^)

電動アシスト自転車の弱点は重量ゆえの平坦路スピードの伸び。ロードに乗り慣れているとストレスが溜まります。

一般の人なら問題無いでしょうが、電動アシスト自転車なのにスピードは頭打ち、踏んでもスピードが伸びないジレンマに陥ります。

もう少し軽ければと思うことも有りますが、いずれバッテリーの高性能化、モーターの小型軽量化で何とかなるでしょう。

仕事で燃え尽きて、週末も燃え尽きてる・・・(謎)

「あ・な・た」におすすめします(苦笑)

そんなに頑張らずに自転車本来の乗る事自体を楽しみませんか?

その相棒(手段)が電動アシスト自転車です。

試乗もせずに「電動アシスト自転車なんて・・・」と思ってる人は特に、と私は思います。