読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディレイラーハンガーは重要部品

ディレイラーハンガー、これ重要部品です。

知っている人は知っているでしょうが、これが曲がっていると先日の私のようなトラブルに見舞われます。このパーツの重要性についてはWEBでも余り取り上げられていません。自転車屋さん、雑誌で聞いた事、読んだ事が有るのかもしれませんが記憶にありません。そこで取り上げてみる事にしました。変速機付の自転車には、ほぼ取付けられています。

         f:id:misteron08:20140625045245j:plain

フレームとリヤディレイラーを繋いでいるパーツです。自転車を前から見るとこの方向で取付けられています。リヤディレイラーに過負荷がかかった時に破断しフレームが損傷しないように作られています。フレームに取付ける部分は肉厚が薄いですね。

         f:id:misteron08:20140625051156j:plain

自転車に取付けられた状態です。画像が悪く解りにくいですが黄色の矢印で示した部分がディレイラーハンガーです。

  f:id:misteron08:20140625051745j:plain

f:id:misteron08:20140625051849j:plain

チェーンラインとディレイラーハンガーが平行なら正規の状態です。自転車が倒れたりリヤディレイラー(変速機)に衝撃がかかった場合でも簡単に曲がります。ここが曲がるとリヤディレイラーのガイドプーリー、アームに特に変速時、トップギアからローギア側に変速した時に異常な力が加わりリヤディレイラーが壊れる事になります。実際には車輪がロックして転倒、ディレイラーハンガー折損、ホイールのスポーク折れ、チェ-ンの破損、フレームに傷が付く事も有ります。

リヤディレイラーに異物が挟まるのは、ほぼ避けようがありませんが、

誤ってリヤディレイラー側(進行方向右側)に自転車を倒してしまった場合、リヤディレイラーを何かにぶつけてしまった時に必ずディレイラーハンガーをチェックして下さい。わからなかったら自転車屋さんで診て貰った方が賢明です。自転車を倒して駐める時もディレイラー側を下にして駐めないようにしましょう。

ぱっと見で放置しておくと私のように何時かはリヤディレイラーが壊れる事になります。多少曲がっていても走れる事は走れますがボディブローのようにジワジワと症状が悪化して行きます。思い起こすと私の場合も当日、リヤディレイラーの調子が何となく悪く一気にリヤディレイラーが破断しました。

自転車のパーツとメンテって華奢で繊細で車やバイクよりも違った意味で気を使いますね(^_^;)

ディレイラーハンガーの曲りは重大事故につながります。ディレイラーハンガーの修正は、お勧めできません。そんなに高いパーツでもないので積極的に交換する事をお勧めします。私もスペア用に新たに2つ発注しましたσ(^_^;)