読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本中華1号 組立編 その1

自転車1台、パーツを選んで組上げるのは楽しいですねぇ~(^_^)

プラモデル、パソコン自作に通じる所が有ります。

ここは、このパーツ、ここには、このパーツと選んで限られた予算内で自分の目的、好みに合った「世界に1台?」の自転車を造る喜びがありますね(^_^)

完成車を購入すれば価格は安く抑える事が出来ます。

後々、パーツをグレードアップするのも良いですね。

かく言う私も完成車ばかりを乗り継いで来ましたが・・・(苦笑)

昔取った杵柄が覚醒したのか?乗る時間も少ないのに組立てる欲求が、ふつふつと湧いてきて「本中華1号」を組む決意を致しました(笑)

まあ何かに夢中になっていると気が楽ですね(^^;)

 

今回、先人の方々の「人柱情報」を参考にパーツ構成してみました。

コストを抑える為に手持ちのパーツを流用する作戦です。

※予めディスクブレーキ仕様で有る事をお断りしておきます。

Specification  
Frameset  
 Frame   Hongufu HF-FM089  Cycle Cross Frame 54cm 1.123g
 BB        68mm JIS/BSA
 Color    UD Matte
 Fork          Hongufu Carbon 1-1/8"  1-1/2" 400mm 480g
Drivetrain  
 Front der     Shimano FD-CX70-B-D 34.9mm Down Swing
 Rear der Shimano RD-5701-GS 243g
 Cassette Shimano CS-4600 12-30T 10-Speed
 Chain Shimano CN-7901 10-Speed 252g
 Missing Link  KMC CL559R 10s
 Crankset Shimano FC-CX50-L 46-36T 175mm 972g
 Bottom Bracket Shimano SM-BB9000 68mm JIS/BSA 65g
 Pedals            Time RXS
Components  
 Headsets Neko 1-1/8" 1-1/2" 
 Stem        FSA OS-99-CSI
 Handlebar NITTO M106 SSB 420mm
 Bar Tape Lezard Skins DSP2.5
 Shifter Shimano ST-5700-L
 Cable Alligator PTFE
 Front Brake Avid BB-7
 Rear Brake Avid BB-5
 Brake Lever Shimano 105
 Rotors Avid G3 Clean Sweep 160mm
 Seatpost FSA SL-K Carbon SB20 27.2×350mm
 Seatpost Sim Bazooka Seatpost Sim 31.6→27.2mm
 Seat Clamp TRANZ-X JD-SC66 34.9mm
 Saddle Specialized Avater Comp GEL 294g
Whells Mavic Cross ride Disk 29er Front 945g Rear 1.075g
Tire Schwalbe Marathon Dureme Evolution DD 700×35C
          or Continental Grand Prix 4-Season 700×28C
Weight      完成後、ご報告します

 駆動系

シマノ105&シクロクロスコンポーネント系の組合わせ。

シマノ「マウンテンバイクにロードバイク用ディレイラーを使うとどうなりますか」に書かれていますがロード用、MTB用のコンポを混在すると変速性能が悪くなったりディレイラーの調整がシビアになるようです。使えない事は無いと思いますが今回はシマノが推奨する組合わせとしてシマノ「パーツの互換性」を参考にしました。

 

クランクセット シマノ シクロクロス用 FC-CX50 46-36T

フロントアウターギアを46Tとしたのは「ブルベ用機材考 ギアレシオ編」で私には46Tで充分と言えます(汗)FC-CX50は10s。10sなら11sよりチェ-ンの耐久性が上、ミッシングリンクも再利用可能です。フロントインナーギアは36Tですが車体が軽ければ、そこそこ登れるでしょう(Colnago EPSで実証済)

f:id:misteron08:20150118121445j:plain

フロントディレイラー 46Tに対応したシマノ FD-CX70-B-D 

f:id:misteron08:20150118121553j:plain

トップ・スイングだと思っていましたがフレームの付属品にケーブルガイドプーリーが含まれていたので?と思ってシートチューブを見ると取付穴が・・・(・o・)

なのでダウン・スイングを使わなければなりません。

f:id:misteron08:20140305080533j:plain

カセットスプロケットは最大30Tのシマノ ティアグラ CS-4600を選択したのでリヤディレイラーシマノ 105 RD-5701-GS(カセットスプロケット最大32Tまで対応)

f:id:misteron08:20150118122339j:plain

さらにもっとローギアード化するなら(苦笑)

フロントインナースプロケットのPCD(スプロケットを固定するボルトの直径)がFC-CX50は110mm。一般的なコンパクトクランク で使われるインナースプロケットと同じなので36Tを34Tに交換する方法とカセットスプロケットシマノ CS-HG81-10(11-32T) 317g、CS-HG62-10、CS-M771-10に交換するという方法も有ります(; ̄ー ̄川 

これなら激坂もOKですね(苦笑)

 

コンポーネント

ハンドルバー 

少しお高くアルミ製の日東 M106 SSB

ドロップ128mm、リーチ80mmと少なめ下ハンドルの水平部分が長目で好みのハンドルです。中華カーボンハンドルバーでも良かったのですがドロップ、リーチ大きめ信頼性が?なので国産の日東を選んでみました。

外人に較べると胴長短足の日本人ですが腕の長さも短い。ステムの長さを重視するならリーチ少なめが良いように思えます。ビギナー及び下ハンドルを余り握らないので有ればドロップ少なめが使い勝手が良いと思います。

バーテープ Lezard Skins DSP2.5

Colnago EPSで使用していますが独特のモチモチした握り心地は最高です。滑り止め効果も高く、巻く時もテープを引っ張る必要も無く(メーカー指示、クッション性が落ちます)巻きやすく気に入らなければ巻き直しもききます。衝撃吸収性をより高めたDSP3.2も有りますが見た目がかなり太くなります。これは良いですよ(^_^)

バーテープとしては、お値段は高めですが・・・(苦笑)

 シフト・ブレーキケーブル アリゲーターPTFE

引きが軽くシマノよりコストパフォーマンスが優れています。スリックステンレスワイヤーP.T.F.E.(フッ素樹脂加工)なので錆びにくくワイヤーが長くても引きの軽さを維持できます。BBBも良いのですが、お値段は倍。一般的なステンレスケーブルをマメに注油すれば、このケーブルの半分の値段で済みますが価格、耐久性、引きの軽さでは一番、バランスが取れていると思います。

 

 シートクランプ TRANZ-X JD-SC66

TRANZ-Xは台湾のメーカーですが低価格で高品質、シートクランプの割が斜めに入っているのでカーボンシートポストでも使えます。割が斜めに入っていると圧力が一点に集中しない為、シートポストを傷めません。カンパなどもこのタイプですが、お値段は2.5~3倍します(;^_^A  カラーは黒も有ります。

 以上、独断と偏見で選んでみました(^_^;

注文を付ければ油圧ディスクブレーキ、リヤのディスクローターを140mm、ホイールは、もう少し軽量でタイヤはチューブレスを使いたかったのですが本格的にシクロクロスレースに出る訳でも無く中~長距離で快適に走る事が出来れば良いと思っています。