MTBフロントフォーク交換

通勤用MTBのFフォーク、屋外生活7年の歳月で、この様な状態に…(´Д` )

一度発生した錆は、どんどん増殖。何故か片側に多い・・・

f:id:misteron08:20120709135444j:plain

部品も既に無く幸いオークションで型落ちモデルを落札、出来たので交換する事にしました。

交換作戦実行の為に必要な工具?を近くのホームセンターで購入。

・スターファングルナット挿入用

 M6 300mm長ネジ×1、M6長ナット×1、M6 30mmワッシャー×1  計360円

・Fフォークコラムカット用

 パイプカッター 2.180円 ちょっと、お高い(^_^;)

・下腕ベアリングリテーナー挿入用

 内径30mm PVCパイプ 1m 448円

f:id:misteron08:20120709135834j:plain

ホイール、旧Fフォーク、Bキャリパー、ハンドルはステムに付けたまま、取り外します。

旧Fフォークから取り外した下腕リテーナーを新Fフォークに取付けます。

図のようにFフォークを逆さにしてコラムにリテーナー、PVCパイプを挿入します。

f:id:misteron08:20120709140720j:plain

フォークコラムの外径は28.6mmなので内径30mmのPVCパイプはリテーナー挿入用に最適です。この状態のまま、地面に数回、トントン。

パイプの音が変われば挿入完了です。

※今回は少し横着しましたが皆さんは専用工具を使いましょう。

パイプカッターでコラムの余分な部分をカットします。

f:id:misteron08:20120709141746j:plain

Fフォークをフレームに取付けてスターナットを圧入します。

ステムは仮止めしてあります。

f:id:misteron08:20120709142058j:plain

分り難いですが下側の長ナットを締め込んで行けばスターファングルナットは傾きも無く圧入することが出来ます。

f:id:misteron08:20120709142624j:plain

ステム、ステムキャップを取付け完了。作業時間は約30分。

 

今回はパイプカッターを使用しましたが価格も昔に比べるとお安くなりました。

金ノコでカットしても良かったのですが、綺麗に直角に切れません・・・

金ノコ+ソーガイドを使うかパイプカッターを使うかで迷いましたがパイプカッターで正解でした(^_^) 

 

ヘッドパーツの下腕ベアリングにゴリゴリ感が・・・

今回は予算の関係で見送りましたがヘッドパーツも要交換ですσ(^_^;)

それとワークスタンドも必要ですね~~